日枝神社の御朱印を頂いてきました!場所や値段 何時まで?

日枝神社

日枝神社の御朱印を頂いてきました!場所や値段 何時まで?

スポンサードリンク

日枝神社の御朱印を頂いてきました!

日枝神社は、東京のビル街にある神社です。
すぐ近くには国会議事堂があって、まさに日本の中枢の場所に鎮座しています。

その立地条件から、多くの議員さんが日枝神社にお参りに訪れます。
日枝神社は“仕事運”“出世運”に御利益があります。

仕事のお願いはここに頼むと良いです。
地上から登った高台に鎮座されていて、かなり段数のある階段を登った上にあります。

都会の喧騒がウソのように、そこだけ切り離された静寂の世界です。
階段をそんなに登らなきゃいけないの?!とげんなりしたそこのあなた。大丈夫です笑

日枝神社の山王橋方面には、とっても長いエスカレーターが設置されています。
なので、とっても楽に神社まで行くことができますよ♪

エスカレーターが設置できるということはそれだけ多くの人から支持されているということですね。
もちろん階段で登ってもいい運動になります。

日枝神社の御朱印は、日枝神社のご神紋である“二葉葵”のスタンプが押されています。
二葉葵の模様が境内の釣り灯籠などにもデザインされているので、よかったら探してみてくださいね^^

 

日枝神社の御朱印の場所や値段

境内に御朱印が頂ける専用窓口があります。
案内板も出ています。

待ち合い所があるので、そこで待つことができます。
社務所と宝物殿でも頂く事ができます。

社務所は、ご本殿から少し離れた場所にあります。
駐車場が近くにありますが、ちょっと分かりづらいかもしれません。

スポンサードリンク

御朱印の初穂料は500円です。
ちなみに、御朱印を頂くと、日山王鳥居枝神社のシンボルの一つであるステッカーを頂く事ができます。

日枝神社の鳥居は普通の神社の鳥居とは違って、珍しい形をしています。
通常は鳥居は二という形に柱が両脇で支えている形状ですが、山王鳥居という鳥居は、二の上に三角形がのっています。

全国的に見ても、山王鳥居はあまりないので、鳥居マニアには欠かせないスポットだったりします笑
余談ですが、私があまりにも熱狂的にこの鳥居を撮影しているもので、通りすがりの外国人に「これは何ですか?」と聞かれてしましました笑

「神社です。」と答えるのがせいいっぱいでした・・笑
御朱印は通常1種類ですが、お正月の1日から3日のみの限定の御朱印が存在します。

大きな神社には、ご本殿にその神社のメインの神様が祀られて、そのほかにもいくつか末社という小さな神社が境内にあります。
日枝神社の末社は3つあり、山王稲荷神社、八坂神社、猿田彦神社があります。

お正月になると、末社殿脇の授与所が開設されます。、
そこで末社の御朱印を頂きます。

他にも猿田彦神社では、庚申の日にも限定御朱印を頂くことができます。

 

日枝神社の御朱印は何時まで?

御朱印は、朝の9時から夕方5時の間に頂く事ができます。
お正月の御朱印はとっても混むので、欲しい場合は余裕を持って行きましょう。

ちなみに、日枝神社の開門時間は、4月~9月の間は、朝5時から夕方6時。
10月から3月の間は朝6時から夕方5時です。

日枝神社の社殿はや門は、彩色が美しく、とっても立派で見応えがあります。
末社や宝物殿もあるので、御朱印の待ち時間は境内を散策してみるといいですよ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました