東京から鹿島神宮駅までバスで行く必要なこと!値段や乗り場

鹿島神宮

東京から鹿島神宮駅までバスで行くには高速バスがあります。その際の値段や乗り場について、また電車との違いについてまとめてみました。

スポンサードリンク
  

東京から鹿島神宮駅まで高速バスの行き方

東京駅から鹿島神宮まで高速バスが出ています。
高速バスの路線は、京成バス、JRバス、関東鉄道の3社あります。

10分間隔で出る時間帯もあったりして、1時間に3本以上は出ています。
1日数本という訳ではないので、結構便利だと思います。

東京駅から8つ目の停車場が鹿島神宮です。
東京駅→水郷潮来→鹿島セントラルホテル→鹿島製鉄所→アントラーズクラブハウス→宇宙通信センター→鹿島市役所→鹿島神宮→鹿島神宮駅→カツマサッカースタジアムの順に停車します。

サッカーチームの鹿島アントラーズの試合などで利用する人も多いようです。
東京駅から鹿島神宮まで、だいたい片道2時間で到着することができます。

もちろん、鹿島神宮からも東京行きの便が出ているので、楽ちんに行くって帰ってくることができますね。

参考記事
東京から鹿島神宮に電車出発。香取神宮との参拝順序やアクセス方法

東京から鹿島神宮までのバス値段は安い?

東京駅から鹿島神宮まで電車で行くと、約2時間弱と、高速バスの所要時間とほぼ変わりません。
では、お値段は?というと、
高速バスの運賃は、片道1830円です。(※平成30年4月現在)
電車の運賃は、1940円です。(※平成30年4月現在)

スポンサードリンク

こうして、高速バスと電車を比較してみると、高速バスの方が値段も安く、所要時間も電車と変わらないのでお得ですね。
また、電車で行く場合は何回か乗り換えがあるので、鹿島神宮まで直通で行ってくれる乗り換えいらずのバスなら楽々お参りすることができますね♪

ただし、行きや帰りに香取神宮に寄りたい場合は電車の方が便利ということもあるので、あなたにあったプランで検討してみてください^^

東京から鹿島神宮のバス乗り場がわかりにくい

高速バスは、バス会社によって、乗り場が異なります。
また、同じバス会社でも、出発の便によって乗り場が違うということもあります。

JR東京駅の八重洲口には、高速バスターミナルがあり、高速バスは、八重洲口に集約されています。
この場所から日本各所への高速バスが運行されています。

高速バスターミナルでは、乗車券を購入することができます。
発車する便が、どの乗り場から出るのかというのも電光掲示板で一覧で表示されているので、出発よりも早めに来て、こちらで確認して行くと確実です。

分からない場合は、窓口の人に聞けば、その場で教えてくださいます。
イス、自動販売機、お手洗いといった施設があるので、時間をつぶすこともできます。

近くにはコンビニや、おにぎりやさんなどもあるので、お昼を買っておいて、バスで食べるというかたも多いですよ。

本数的には、京成の高速バスが多くて便利です。
ですが、初回ではバス停が分かりにくいと思います。

JRの高速バスは、時間によって本数が変わりますが、バス乗り場が一番分かりやすいと思います。
京成の高速バスでは、バス停まで大幅に移動しなければなりませんが、JRの高速バスは、改札を出てすぐのバスターミナルにバス停があるので分かりやすいと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました