銭洗弁財天へ都内からアクセス 近くで巡れる神社とおすすめルート

銭洗弁財天

銭洗弁財天へ都内からアクセスについてまとめました。せっかくなので近くで巡れる神社にも足を延ばして参拝や御朱印を楽しむのもいいですね。また効率的に巡りやすいおすすめルートも紹介します。

スポンサードリンク
  

銭洗弁財天へ都内からアクセス方法

銭洗弁財天の最寄駅は鎌倉駅です。
都内から鎌倉へは、1時間もあれば着くことができます。

鎌倉駅から銭洗弁財天へは、公共機関の乗り物がないため、20分程度歩かなければなりません。
坂道が多く、急な坂もあります。

また、最寄駅ではありませんが、大船駅からは銭洗弁財天付近のへバスが出ています。
京浜急行バスの「桔梗山行き」に乗り、“源氏山入口”のバス停で下車します。

そこから徒歩10分ほどで銭洗弁財天に到着することができます。
かなり急な坂の途中に鳥居と洞窟が現れます。

銭洗弁財天は、鎌倉観光のメージャースポットなので、多くの人が銭洗弁財天を目指して歩いています。
銭洗弁財天への道中は細くて入り組んだ鎌倉の住宅街で、迷いそうになりますが、人の向かう方について行けば、着くことが出来ると思います。

銭洗弁財天近くで巡れる神社

銭洗弁財天の前の坂道の先をさらに登っていくと、葛原岡神社があります。
銭洗弁財天の先に行く人があまりいないので、穴場スポット的な神社です。こちらは恋愛成就に御利益がある神社です。

山の上にあるので、鎌倉の街並みと海を見渡すことができます。
登ったなぁ~という達成感が味わえますよ。

境内には、ベンチがたくさんあって、一休みするには最適です。
源氏山公園の一画にある神社なので、お弁当を持って来て食べている人もいます。

スポンサードリンク

自然が美しい場所なので、とても気持ちよさそうです。
他には、銭洗弁財天から徒歩10分ほどの場所に佐助稲荷神社があります。

こちらは、出世や開運に御利益のある神社です。
源頼朝の出世に貢献したことから出世稲荷と言われています。

鳥居やキツネの石造がたくさんあって、とても厳かな雰囲気です。
どこか異空間を感じさせる空間です。

奉納されたキツネの像がとても多く、迫力があります。
この迫力に圧倒されて、人によっては少し怖いと感じるかもしれません。

“霊狐泉”という、昔から近隣の田畑に利用されていた水源があります。
神社に湧いている水なので、パワーがあるといわれています。

名前からしてすごい力がありそうですね。
テレビでもパワースポットとして取り上げられています。

銭洗弁財天へ行く途中にあるので、余裕があれば足をのばしてみると良いでしょう。
ハイキングコースとして歩かれる方もいます。

また、佐助稲荷神社にはオリジナルの手ぬぐいが授与されています。
様々な狐のお面がデザインされていて、すごくかっこいいです。

これを目当てに訪れる方も多いのだとか。
狐面好きにはたまらないデザインだと思います。

銭洗弁財天から巡る神社ルート

銭洗弁財天から神社を巡る場合、銭洗弁財天→葛原岡神社→佐助稲荷神社のルートが良いと思います。

銭洗弁財天から葛原岡神社まで5分。
葛原岡神社から佐助稲荷神社まで10分。

わりと近い距離で神社を巡ることができます。
ただ坂道なので、登ったり下ったりします。

急坂を登るのもキツイですが、下るのは下るのでヒザにきます(笑)
足腰にきますので、休み休み行くといいでしょう。

住宅街の道中にひっそりとおいしい甘味処があるので寄り道してみてもいいと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました