銭洗弁財天の行き方 鎌倉駅からの徒歩、タクシーの距離や料金

銭洗弁財天の行き方について紹介します。最寄り駅の鎌倉駅からのアクセスは徒歩での見どころや、タクシーの場合やの距離や料金についてもまとめました。

スポンサードリンク
  

銭洗弁財天の行き方

鎌倉駅から銭洗弁財天への公共機関の乗り物は、残念ながらありません。
というのも、鎌倉は昔からの町なので、道幅はとても狭く、バスが通ることができません。

車で行く場合は、10台ほど停められる無料の駐車場があります。
駐車場といっても、神社のすぐ近くに停められる訳ではありません。

銭洗弁財天は山にある神社で、急坂の途中にあります。
車を停めても急坂は上らなければなりません。

これがなかなかの斜度の坂道で、パンチが効いております。(笑)
ちなみに、多くのの人が訪れる土日や巳の日は、周辺住民に迷惑がかかってしまう為、駐車禁止になっていますのでご注意ください。

土日は分かるけど、なぜ“巳の日”に銭洗弁財天が混むのかというと、巳とは、ヘビのことです。
ヘビは、銭洗弁財天に祀られている弁財天の化身とされています。

なので、巳の日に銭洗弁財天にお参りすると、さらなる金運アップの御利益が期待できるのです。

鎌倉駅からは徒歩と車でしか手段がありませんが、実は裏ルートがあります。銭洗弁財天の近くまで出ているバスが大船駅から出ているのです。
大船駅から京浜急行バスの「桔梗山行き」に乗ります。

“源氏山入口”のバス停で下車し、そこから徒歩10分ほどで銭洗弁財天に到着することができますよ。
他にも 鎌倉駅には“人力車”があるので、そちらを利用するのも鎌倉観光っぽくていいと思います。

スポンサードリンク

実際に銭洗弁財天に人力車で来ていた人も見たことがあります。
あの坂道を、人をのせて来たのか!? と驚きました(笑)

銭洗弁財天へ鎌倉駅から徒歩の場合

鎌倉駅から銭洗弁財天までは徒歩で約20分ほどかかります。
銭洗弁財天が山にあるため、結構な坂道です。

くつは歩きやすい運動ぐつなどがオススメです。
道中は鎌倉の閑静な住宅街を歩いて行くことになりますが、鎌倉らしい町並みを感じられると思います。

古民家のお店などもたまにあったりするので、ついでにフラッと寄り道してみたりするのも楽しいと思います。
徒歩での道のりはなかなか大変ですが、古都鎌倉の雰囲気を楽しみながら歩けますよ。^^

銭洗弁財天へ鎌倉駅からタクシーの場合

どうしても体力に自信がないという場合は、タクシーがオススメです。
タクシーだと鎌倉駅からは10分程度で着きます。
タクシーならキツイ坂道を登らなくても、鳥居の近くまで行ってくれます。

こぼれ話ですが、鎌倉には野生のリスがいます。
台湾リスといって、本来なら鎌倉にいてはいけない外来種ですので、エサをあげたりしてはいけません。

鎌倉にいてはいけない生物ですし、鎌倉の住民の方も被害に合われています。
とはいえ、見る分にはとてもかわいいです。(笑)

私は銭洗弁財天の鳥居の入口で見たことがあります。
銭洗弁財天以外でも、鎌倉の全域に台湾リスが生息しています。

鶴岡八幡宮にもいますし、わりかし木のあるところに居たりしますよ。
草かげでガサガサいってたら注目してみてください。

スポンサードリンク