文京区)白山神社の御朱印を頂いてきました!営業時間や境内の詳細

(文京区)白山神社の御朱印を頂いてきました!営業時間や境内の詳細をまとめてみました。

スポンサードリンク

(文京区)白山神社の御朱印を頂いてきました!

都内の住宅街にひっそりと鎮座している白山神社。
白山神社は、“東京十社”のひとつとしても知られています。

東京十社とは、おおまかに言うと明治天皇が認めた東京を代表する十の神社のうちのひとつということです。
東京を守護する神社として、東京のなかでも重要な神社として見られていました。

ご本殿の右側に社務所があるので、そこで御朱印を頂きました。
白山神社の御朱印は、御朱印帳に直接書き入れるスタイルではなく、全て書置きのスタイルをとられている神社さんです。

通常の神社さんでは、直接お手持ちの御朱印帳にその場で書き入れて頂くことが多いです。
実は、神社さんで、やり方がそれぞれ違うのです。

うろ覚えですが、ここで御朱印を頂いた時に別の白山神社の達筆な神職さんにいつも書きためてもらっていると言っていたと思います。

ちゃんとしたものをみなさんに頒布するために書置きのスタイルをとっていらっしゃるようです。
プロフェッショナル精神ですね。
その心意気がありがたいです。

力強い筆使いがいいですね。
初穂料は300円です。

ですので、頂いたら書置きの御朱印を手持ちの御朱印帳にのりで貼れば良いと思います。
小さめの半紙に書かれているので、小さいタイプの御朱印帳にも貼ることが出来ます

(文京区)白山神社の営業時間

御朱印の受付時間は、朝の9時から夕方の17時までです。
休業日、アクセス、駐車場、電話番号などの詳細をこちらでチェックできます

スポンサードリンク

社務所は電気が付いていますが、私が行った時は、常に人がそこに座っているという訳ではなかったです。

そういう時はちゃんと呼ぶシステムがあって、それを使えば御朱印帳やお守りのご対応をしていただけます。
神社さんは神社によってその規模や運営方法が異なります。

なんとかできる中で、管理してくださっている人がいるから私たちは快くお参りすることができるのですね。
とてもありがたいです。

ぜひ、そういう神社さんに立ち寄った際は、はげまし応援して下さるとさすらいの神社好きは嬉しく思います^^笑

(文京区)白山神社の境内の詳細

白山神社は、境内はそこまで広くないですが、あじさいの名所です。
境内のいたる所にあじさいが植えられていています。

梅雨の時期には“あじさいまつり”が行われます。
境内の裏手には、富士山の信仰を表した富士塚があります。

そこにもたくさんあじさいの花が植えられていて、普段は入れないようになっています。
この富士塚には、“あじさいまつり”の期間だけ特別に入れるようになっていて登拝することができます。

小高い山のようになっていて、そこにあじさいが植えられている中を歩けるので、立体的にあじさいを間近で楽しめるスポットです。
白山神社は、石川県と岐阜県にまたがる白山という山を信仰している神社です。

白山神社に富士塚がある神社はちょっとレア感あります。
あじさいまつり期間にも訪れてみるのもいいと思います。

ここの神社の裏手への道に回廊の下を通れる場所があります。
そこを通るのが少しワクワク感がありました。笑

スポンサードリンク