神田神社は恋愛成就の神様。縁結びのお守りと持ち方で御利益を

神田神社は恋愛の神様が祀られています。縁結びでも有名な神社なので一度は訪れてみたい!ということで御朱印を頂きつつ、より御利益があるように人気のお守りや正しいお守りの持ち方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

神田神社は恋愛成就の神様

ビジネス街に鎮座する神社ということもあり、企業やサラリーマンなどから、商売繁盛を願って篤い信仰を受けています。
そんな神田神社ですが、実は、縁結びの神様が祀られています。

神田神社に祀られている御祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと)です。
別名、だいこく様、大国主命など様々に言われています。

この神様は、縁結びで有名な出雲大社の神様なのです。
大己貴命(おおなむちのみこと)は、神話では“すべてのあらゆるご縁を結ぶ神様”とされています。

また、かなりモテモテの神様で、奥さんも多数いらっしゃいます。
これが縁結びの神様と言われる由縁なので、1300年と古くから人々に親しまれてきた神社なので、ご利益も期待できそうです。

縁結びと商売繁盛のご神徳がある神様ですので、お仕事を頑張っている女性なら、なおさらお願いするには、良い神社ではないでしょうか。
ビジネス街ということもあって、男女共に多くの人も訪れますし、もしかしたら出会いがあるかもしれませんね。

参拝に行ったらやっぱり御朱印も頂きたいですよね。御朱印の詳細はこちらにまとててみました。
神田神社でもらえる御朱印の種類、場所と時間。周辺おすすめルート

 

神田神社で縁結びのお守りはコレ

神田神社の縁結びのお守りといえば、縁結びお守り小です。
赤と緑のかんざしが結び目に飾られているお守りです。初穂料は500円です。

スポンサードリンク

このお守りを買って数か月以内に彼氏ができたという報告も多数あるようです。
また、朱色と白色の2つのお守りがセットになった縁結びお守りもあります。

こちらは、男女の恋愛だけでなく、全てのものが幸福になるように、双方の発展の繋がりが結ばれるお守りです。初穂料は1,000円です。

好きな人に片方をお土産としてプレゼントしてみるのもアリですし、二人で協力して何かを成したいってことがある時は、強力なお守りになるのではないでしょうか。

 

正しいお守りの持ち方で縁結びの御利益を

お守りは身に着けることで効力を発揮します。
どこに恋愛のチャンスがあるか分からないので、外出する際はなるべく身に着けておくことをオススメします。

お守りが複数ある場合は、その日一番ピンとくるお守りを身に着けるとよいです。
よく、お守りがたくさんあるとケンカすると言われますね。

神様なのでケンカはしませんが、神様によって雰囲気が違うので、ひとつを持つと目的が一つに絞れて叶いやすいという具合です。

通勤・通学に使っているカバンにつけたり、毎日使うお財布の中に忍ばせるのも良いでしょう。
お守りは、神様の依り代です。つまり、神様が宿る場所なので、粗末に扱わないようにしましょう。

お守りを神様だと思って扱えば、カバンや財布の中もキレイにして使おうと心がけますし、知らず知らずのうちに女子力アップしているはずです。
お願いが叶ったら、お礼参りにを兼ねて、お守りを返納しに行きましょう。

願いが1年以内に叶わなかったら、もう一度新しいお守りに買い直してみましょう。
お守りの効果が1年と言われています。

1年以内に叶わないということは、ベストな時ではないということです。
新たに買い替えることで、お守りの効果がまた新しくなり、真剣さも神様に伝わることと思います。

きっとベストなタイミングを見計らって、お願いを叶えてくれるでしょう。

スポンサードリンク