川越氷川神社で縁結び玉の整理券まとめ。平日、土日の混雑状況

川越氷川神社の縁結び玉を入手するときの注意点をまとめました。
整理券について、平日や土日の混雑状況など実際に行ってみた体感をお伝えします。

スポンサードリンク

川越氷川神社で縁結び玉の整理券まとめ

縁結び玉とは、川越氷川神社境内にある小石を毎朝特別に神職さんがお祓いした石で、1日“限定20体”というレアなお守りです。
というのも、昔から川越氷川神社境内の小石を持ち帰って大切にすると、良縁が結ばれるという言い伝えがあり、無料で頒布されています。

念のため断っておくと、境内に落ちている石を勝手に持ち帰るのは、タブーです。
神社などの神域では、葉っぱや木の枝、石に至るまで持ち帰ってはならないというフレーズを良く聞きます。

勝手に境内の石を持って帰るのは、かえって逆効果な予感しかしないので、欲しい場合は、がんばって神職さんが祈祷してくれた縁結び玉を入手しにいきましょう♪

整理券は、小さな鳥居近くの社務所に設置されていています。
整理券に重しの石が置いてあって、取っていけるようになっています。
ちなみに、整理券は、1人1枚しか受け取れません。

縁結び玉は、整理券と引き換えに8時から頒布されます。
ここで注意したいのが、整理券をもらっていても、頒布時刻にその場にいないと、受け取る権利が次の人に渡ってしまします。

例えば、朝6時に整理券をもらって、時間があるからどこか別の所に行くとします。
気が付いたら時間が過ぎていて、慌てて戻ったら本日頒布の分がなくなっていた…ということもありえます。

ですので、時間配分には気を付けましょう。

スポンサードリンク

境内には室内の待合室があるので、そこで待って時間を潰すのもいいと思います。
雨風しのげてありがたいですね。しかも綺麗です。

待合室は松の絵が描かれている神楽殿の横にあります。
待合室前の道から、本殿の裏手に回っていくと、末社がいくつかあって、見る所がありますし、散策してみるのもいいですね。

末社にはそれぞれ専門の御利益が札書きされています。
手芸の上達といったマニアックな御利益なんかがあったりして、それを見ているのが案外楽しいです。笑

 

川越氷川神社で縁結び玉は平日が手に入れやすい

世の中の多くの人は土日休みの方が多いので、倍率的には、やはり平日が狙い所だと思います。
朝6時から7時の間に整理券を受け取りに行けば、頂ける可能性が高いのではないでしょうか。

また、人は心理的に寒い冬や雨の日など外出をしたくなくなります。
そういう日は、8時あたりと少し遅めに行っても縁結び玉が残っている可能性がありますね。

なんでもこの縁結び玉をもらって、良縁に恵まれた人が川越氷川神社で結婚式を挙げる事例が多いのだとか。
とっても素敵エピソードですね(*^-^*)

 

氷川神社の縁結び玉 土日の混雑状況

土日はやはり混雑が予想されます。
遅くとも朝6時を目安に行ってみるといいと思います。

ですが朝6時代でもなくなりそうな事もあるようなので、なかなか気が抜けないです。
観光ついでなら、川越にホテルをとっておいて、翌朝向かえば勝算があると思います。

前日はゆっくり川越を満喫したら、翌朝神社にお参り&縁結び玉を頂く、そして帰路に着くなんてプランはいかがでしょうか。
早朝の神社参拝は清々しくて気分が良いですし、その神社の気を持ってお家に帰れるので、一石三鳥な気がします^^笑

スポンサードリンク