大山阿夫利神社のハイキングコース 女坂の注意点と昼食をとるには

大山阿夫利神社はちょっとしたハイキングにぴったりですよね。初めて行くハイキングコース、女坂の注意点と昼食がとれる場所を3つまとめました。

スポンサードリンク
  

大山阿夫利神社のハイキングコース

大山阿夫利神社は、大山という山に鎮座している神社です。
そのため、交通手段は、徒歩で登るか、ケーブルカーを利用するかになります。

大山の麓にある大山ケーブル駅から大山阿夫利神社の下社へはケーブルカーを利用すると、麓から大山阿夫利神社へは6分で着くことができます。

下から歩いて行くと、大山阿夫利神社の下社までは、約60分で着くことができます。
女坂と男坂の2つのコースがあり、男坂の方が急な坂道で、女坂のコースよりもきついコースです。

大山阿夫利神社は、下社がメインの社です。
建物も立派で、多くの人もここまでは参拝に訪れます。

しかし、下社ということは、本社があるのです。
大山阿夫利神社の下社から山道を登ること90分で大山阿夫利神社の本社がある山頂にたどり着きます。

こっちのルートには、ケーブルカーがありません。
下社と本社で別々に御朱印があるので、本社の御朱印が欲しい場合は登っていくしかありません。

本社への道のりは、急斜面で岩がごろごろしているので、ハイキングというより登山です。
私も登ってみましたが、岩をつかみながら登って行ったので、なかなかハードでした。

休み休み行った方が疲れないので、飲み物やチョコやアメといったお菓子を持っておくと良いです。

大山阿夫利神社で女坂を登るときの注意点

男坂からのルートは、大山寺に立ち寄ることができませんが、女坂からは、大山寺に立ち寄れます。
大山寺はもみじで有名で、紅葉の時期はとってもきれいです。

スポンサードリンク

大山ケーブル駅から大山阿夫利神社への道中を歩くと、1000段以上の石段を登るのでいい運動になります。(笑)
やはり歩きやすい靴がオススメですよね。

江戸時代、大山阿夫利神社にお参りする“大山詣”は庶民たちの憧れでした。
そのため多くの人が大山阿夫利神社を目指して全国からやってきました。

昔の人もこの石段をがんばって登っていたんだなぁ と味わいながら登るとありがたみが増すと思います。

女坂には7不思議があって、弘法大師が杖を突いたら湧水が出たという場所や、触ると目の病が治るという石造があったりと、神秘スポットが7カ所あります。
7不思議を見ながら行くけるので、女坂ルートは楽しめると思います。

大山阿夫利神社で昼食をとるには

大山阿夫利神社で昼食をとるポイントは3つあります。

まず1つめ。
大山の麓である大ケーブル駅近くにある“こま参道”で頂けます。
お土産などが売られる通りで、食べる場所もあります。

大山の名物はお豆腐料理なので、お豆腐系が多かったです。
他にもそばやうどんなどがありましたよ。

もうひとつ昼食を頂くポイントは、阿夫利神社の下社周辺です。
こちらは大山阿夫利神社の下社近くに茶店、参集殿を改築したレストラン、地元の素材を使ったメニューが楽しめるおしゃれなカフェもあります。

最後は、大山阿夫利神社の本社がある山頂にも売店があります。
こちらはカップめんやきゅうりの1本つけなどが頂けます。

山で食べるカップめんって地味においしいですよね。
大山阿夫利神社の本社に行く場合は、山登りなので、お弁当を持って来て食べている方も多いです。

山頂からの見晴がとても良いので、景色を眺めながらの昼食は最高ですよ。
山頂からは、運が良ければ見事な富士山を見ることができます。

スポンサードリンク