神社の参拝で2箇所以上を1日で行く、寄り道はNG?その他のダメなこと

神社の参拝に行くときのルールって色々言われていますけど、ホントのことはどうなんでしょう。。。気になっている人が多いのが参拝は2箇所以上を1日で行くのは良くないのか、ランチなど寄り道はNG?他にもやってはいけないことをまとめてみました。

スポンサードリンク

神社の参拝で2箇所以上を1日で行くのはNG?

神社巡りをしていると、1日に何社も行きたいという時が出てくるのではないかと思います。
でも、1日に何箇所も行くのはよくないのでは? という声をよく聞きます。

これは、考え方にもよりますが、何社でも良いという意見と、願い事がある場合、何社も行くとご利益が薄まるから行かない方が良いという意見があります。
しかし、実際のところは、1日に2箇所以上巡っている方も多いようです。

日本では、ありとあらゆる所に神様が宿っているという考え方ですので、1日に何箇所行こうと、そこに差はないように思われます。
ひとつの神社が大好きで、あなたが大切にしたいのであれば、そんなたくさん行くことはないと思います。

八百万の神様が宿る国です。神社の数は、日本全国で8万社以上あると言われています。
たくさんの神社を見てみたい! というのも、決して間違いではないと思います。

 

神社の参拝後に寄り道はNG?

神社参拝後に寄り道をしてはいけないのか? という疑問もよくお見かけしますね。
でも、観光地の神社に行った後、せっかくだからおいしいもの食べたり、お土産買ったりしたいですよね。

そもそもなぜそういう風に言われるようになったかというと、神様から頂いた福を、寄り道して落とさないようにという意味や、昔の人は神様へ願掛けをすると、交換条件として、何かをがまんしていたようです。

諸説ありますが、本気で頼みたい場合がある場合は、ついでに寄るのではなくまっすぐ来て、まっすぐ帰るのが礼儀であるというのがあるのだと思います。
つまり、神様に失礼のないよう気を付けて参拝すれば、神様も見ておりますし大丈夫だと思います。

スポンサードリンク

それに、神社近辺の地域でお金を使うことは、結果としてその神社が栄えることに繋がるので神様も喜ばれるのではないでようか。

 

神社参拝でその他のやってはダメなこと

神様にお願いがある場合、失礼のないようにしたい所ですね。
まず、鳥居をくぐる時は一度立ち止まって一礼しましょう。

帽子をかぶっている時は、帽子を一度ぬいでお辞儀をするのがベターです。
神社の参拝マナー 服装について。ファーやデニムなどカジュアルはNGなのか

普段目上の人に挨拶するように心がければよいでしょう。

そして、参道を歩く際は道の端を歩くようにしましょう。
真ん中は神様の道なので、混雑時や、やむを得ない時をのぞいては端の方を歩きましょう。

左側通行の神社が多く、その場合は左足からふみ入れます。
真ん中に寄っている右足は真ん中側の足なので、そこから遠い足、つまり左足から踏み入れると良いとされているのです。
神社から帰る際も、鳥居を出たら振り返って、一礼して行くのがより丁寧なので素通りしないようにした方がいいでしょう。

次にやらない方がいいのは、お賽銭関連です。
よくお賽銭を投げ入れる光景をお見かけしますね。

ですが、あれは神様に失礼にあたるので、お賽銭はそっとお賽銭箱に入れましょう。
あとは、狛犬などの石造の頭にお賽銭をのせたり、ご神木に挟んだりするのもよくありません。

神社の眷属さんに失礼ですし、木が痛むので、お賽銭はお賽銭箱に納めましょう。
また、神社のものは、草や石に至るまで、許可されたものでなければ持ち帰ってはいけません。

無断で持ち帰るのは大変失礼な行為になってしまうので、綺麗だなと思うのにとどめてください。
これらの事を気を付けて楽しく神社を参拝しましょう。

スポンサードリンク