神社の参拝マナー 服装について。ファーやデニムなどカジュアルはNGなのか

参拝のマナーって本当のところはどうなんだろうってわからなかったりしませんか?私自身も御朱印集めで神社巡りをするうえでこれからしっかりマナーを知っていたいなということで、服装でのNGなことをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

神社の参拝マナー 服装について

神社参拝をするとき、どんな服装をしていったら良いのか・・・と悩むことはないですか?
多くは観光などの目的で行くことが多いと思うので、普段着の人がほとんどかなという印象です。
なので、普段着でももちろん全然大丈夫です。

しかし、どういう参拝をするかによって、変わってくることもあります。
具体的には、正式参拝したいという場合です。

正式参拝というのは、拝殿や本殿で神職の方に祝詞を唱えて頂き、祈祷することをいいます。
こちらの場合は、服装に気を付けないと断られてしまうというケースがあります。

実際に伊勢神宮や出雲大社など、格式高い神社では、正式参拝やご本殿に踏み入れるにふさわしくない格好の場合はあっさり断られます。
ふさわしくない格好とうのは、例えば、ラフすぎる格好や派手な格好を指します。

女性なら肩が出ていたり、露出の高い恰好。襟のついていないパーカーなどラフな格好です。
では、どういった服装なら間違いがないのかなというと、男性は黒のスーツで、女性もスーツか、フォーマルなワンピース、または、それに該当するような服装です。

男性のスーツは、あまり派手でないもの、女性は靴は高いヒールのものは避けておいた方が無難です。
神前ですから、服装には気を付けなければならないのです。

しかし、山の上にある神社などはスーツで行くと結構気を使わないといけなかったりとか動きにくいなどで大変です。
その場合は、襟付きのワイシャツを着るなど、少々ラフでもちゃんとした格好であれば大丈夫という神社も結構ありますのでご安心くださいね。

スポンサードリンク

夏場は暑くて、Tシャツを着たり、露出したり、ラフな格好になりがちです。
どうしても御祈祷してほしいという場合は、気を付けましょう。

神社の参拝でファー(毛皮)はNG!?

寒い冬になるとコートなど防寒着を羽織って参拝しますね。
その冬物のコートに、袖口や襟元にファーなどの動物の毛皮がついていたりすることがあるのではないでしょうか。

毛皮は動物の毛なので、神道的な観点から見ると“ケガレ”に当てはまります。
ペットとの参拝が禁止されている神社があるように、神社は聖域であって、四足の動物が入るのを嫌います。

ましてや、毛皮は動物を殺生したものなので、神社参拝には、あまりふさわしくありません。
血や死を関連させるものは“ケガレ”といって嫌う傾向にあります。
ファーがフェイクのものでも、そういうことを連想させてしまいます。

ですので、毛皮の服装での参拝は、できれば避けた方が無難ですし、間違いがありません。
最近はファーの部分が取り除けるようになっている防寒着も多いので、参拝時のみ取り外しておけば良いのではないかと思います。

神社の参拝でデニムなどカジュアルはOKなのか

デニムなどラフなスタイルでの参拝は良いの?という疑問も良く見かけますね。
これには様々な意見がありますが、普通に参拝するのであれば、絶対ダメという訳ではありません。

どうしても成就したいお願い事がある場合は、カチッとした服装に寄せたほうがいいですね。
より丁寧な気持ちで、参拝するという姿勢が神様に伝わると思います。

1章でも述べたように、正式参拝の場合は、デニムはふさわしくないのでやめておきましょう。
カジュアルな格好も、デニム同様に普通に参拝するのなら、何の問題もありません。
襟のあるワイシャツを上に着れば、カジュアルかつ丁寧な服装になると思いますよ。

スポンサードリンク