調神社の行き方。往復でバスを使える?土日の混み具合

調神社の行き方をまとめました。駅から調神社までや土日の混み具合についても詳細を紹介します。

スポンサードリンク
  

調神社の行き方

調神社の最寄駅は、埼玉県にあるJR浦和駅で、徒歩10分の場所にあります。
西口の方面から出て歩いて行くと行きやすいです。

浦和といったら、浦和レッズというサッカーチームが浮かぶと思いますが、選手の方達もこの調神社にお参りに見えるそうですよ。
さすが地元の神社ってやつですね。^^

名前もツキ=運が良いという感じがして、縁起がいいですからね。
スポーツ選手がお参りに来るということもあって、勝負運の御利益があります。

駅から神社に向かって歩いていると、こんもりとした森が見えてきます。
あそこに神社があるんだなと分かります。

住宅街の中に突如、木々が生い茂っていて、鎮守の森という雰囲気です。

調神社への往復はバスは使える?

調神社の前の通りにはバスの路線が通っていません。
なので、駅から歩いて行くのが最短ルートだと思います。

駅周辺には、ショッピングセンターや商店街もあったりするので、散策しつつ行ってみてもいいと思います。
商店街には、個人のお店も並んでいるので、通りから見ているだけでも楽しいです。

調神社の混み具合 土日はどれくらい混む?

お正月の初詣シーズンは、大変混雑します。
七五三のシーズンも多少混むと思います。

そういった特別なシーズンを除いて、通常の土日はそれほど混雑しません。
ただ、御朱印は、何人か頼んでいると人がいる場面ではそれなりに待つことが多いですね。

スポンサードリンク

私が行った時は、他に参拝者が誰も居ませんでしたが、だいたい10分くらいはかかっていたと思います。
参拝者の人数を見て、時間配分の様子を見るといいと思います。

平日は参拝者がまばらなので、ゆっくり見て回ることができます。
境内は、公園と併設しているので広いです。

池や末社などがあるので、散策してみるのも良いですよ。
末社には、天神社や金毘羅神社があり、30分もあれば十分に見て回れると思います。

また、調神社には、7不思議があります。
調神社に祀られている神様が蚊を嫌うため、境内には蚊が居ないというものが7不思議のひとつになっています。

とはいえ、木々が生い茂っている場所で、池があり、水場があります。
なので、蚊は普通にいました(笑)

ちょっとこの7不思議を信じてしまった私ですが、考えてみれば、蚊がいて当然の環境でした。笑
私は夏が終わりかけの9月にお参りしましたが、バンバン刺されました。笑

肌が出ている箇所には、これでもかと狙われるのでご注意を。^^;
他にも、調神社の7不思議には狛犬ではなくウサギであること。

鳥居がないということが取り上げられています。
調神社の見どころはウサギなので、ぜひ境内にいるウサギを探してみて下さいね。

狛犬の代わりにウサギがいたり、手水舎の像がウサギなのが面白いです。
他にも、漫画家の五十嵐大介さんが、調神社境内でぼんやりしていたら、木々の間に渦巻きを見たという不思議なエピソードがあります。

スポンサードリンク