鶴岡八幡宮で御朱印を頂いてきました!受付時間や場所


鶴岡八幡宮で御朱印を頂いてきました!さすがに人気な神社なだけあって人が多くにぎわっていますね。御朱印の受付時間や場所などについてまとめてみました。

スポンサードリンク
  

鶴岡八幡宮で御朱印を頂いてきました!

鶴岡八幡宮は、神奈川県の有名な観光地“鎌倉”に鎮座されている神社です。
JR鎌倉駅から徒歩10分の場所にあるので、鎌倉観光にはかかせない神社だと思います。

境内はとっても広く、池や国宝館など様々な施設があります。
休日はすごい人出なのはもちろん、平日でも絶えず人が訪れています。

鶴岡八幡宮は、歴史の舞台になった由緒ある神社です。
鎌倉幕府といえば、源頼朝ですね!

源頼朝が、鶴岡八幡宮を祀ったのが始まりで、鶴岡八幡宮を鎌倉の中心にして鎌倉の町づくりを行いました。
そのおかげで、観光がしやすい場所にあるため、今も多くの人が訪れるのもうなずけます。

また、境内には立派な舞殿があります。
頼朝の弟である源義経の恋仲の“静御前”がこの舞殿で、鶴岡八幡宮の奉納のために舞を舞いました。

源氏がメインのストーリーである大河ドラマだったら、このシーンは、たいがい出てくる有名シーンです。
源義経と静御前の恋は、悲恋に終わってしまうのですが、この舞が儚くて美しいということで、後世まで語り継がれているのです。

その舞台が鶴岡八幡宮だと思うとなかなか見所がありますね!
御朱印は書く人によって味が違うのが魅力のひとつです。

ここ鶴岡八幡宮では、人が多く来るので、何人かの神職さんで御朱印の対応をされています。
ですので、友達と行くと、違った人に担当してもらうということもあり、見せ合いっこするとそれぞれの書き味を楽しむ事ができます。

スポンサードリンク

私が頂いたのは堂々とした書き味でしたが、一緒に頂いた友達は細い繊細な線でしたよ(*^-^*)

鶴岡八幡宮 御朱印の受付時間

鶴岡八幡宮は、長い時間の間、御朱印を対応して頂ける神社さんです。
そのため、季節や時刻に応じてもらえる場所がことなります。

日が長い時期は、早朝の5時30分から受付けていますが、10月~3月の日が短い季節は朝の6時30分からの受付です。
年間一定して夜8時半まで受け付けてもらえます。
御朱印の初穂料は500円です。

ちなみに、10月~3月は早朝6時半から、それ以外は早朝5時から夜9時まで境内に入ることができます。
鶴岡八幡宮は、大変人気の神社さんですので、日中の休日ともなれば、列をなして並ぶことにます。

番号札を渡されるのではなく、目の前で御朱印帳に御朱印を書き入れて下さいます。
その分時間がかかるので、スケジューリングは余裕をもって組むと良いと思います。

鶴岡八幡宮 御朱印の受付場所

日中の通常の御朱印受付所は、祈祷受付所で受け付けて頂けます。
祈祷受付所は、舞殿の右手奥にあります。

本宮への登り階段のふもとの場所に位置しています。
日中というのは、朝の8時30分~夜18時の間です。

それ以外の朝5時30分から朝8時30分の間と夕方18時から午後20時30分の間は、社務所で受け付けてくださいます。
さすが一大観光地の鶴岡八幡宮です。

対応の裾のがお広い・・・親切です笑 
社務所は、正面鳥居からの参道沿いにあります。

舞殿までは奥に進みません。
手水舎の向かい側にあります。

スポンサードリンク