谷保天満宮の御朱印を頂いてきました!限定や御朱印帳の種類

谷保天満宮の御朱印を頂いてきました!限定の御朱印帳や種類についてまとめてみました。

スポンサードリンク

谷保天満宮の御朱印を頂いてきました!

谷保天満宮は、JR南武線の「谷保駅」から徒歩3分の場所にあります。
他の最寄りの駅ではJR中央線の国立駅前からバスで10分の場所です。

国立駅からは、歩くと約40分ほどかかります。
谷保駅が“やほえき”と読むので、“やほてんまんぐう”と言ってしまいがちなのですが、正式には“やぼてんまんぐう”と読みます。

私は気を抜くとすぐ間違えます笑
菅原道真公を祀っているので、受験生や資格試験の合格祈願といった学問関連にご神徳があります。

キャリアアップのための勉強にもお力添えしてもらえますよ♪
菅原道真公は、平安時代に実際に生きていた人で、エリート学者でした。

エリート故にいろいろとありましたが・・笑
人から神様になったタイプの神様なのです。

そんな“学問の御利益”に注目されがちの谷保天満宮ですが、実は、“交通安全発祥”の神社といわれています。
今やいたる所の神社で当たり前のように交通安全のお守りが授与されていますよね。

谷保天満宮が日本初のドライブツアーで目的地にされていたことから交通安全を祈願するようになったのです。
“交通安全絵馬”という変わった絵馬もあります。

ですので、密かにドライバーや運転に関わる仕事をされている方からも信仰を集めています。
谷保天満宮の見どころのひとつをご紹介します、

なんと、チャボが境内で放し飼いされています(*’▽’)
私が行ったときは、何げなく境内を歩いていると、木の枝にたくさんのチャボがとまっていてびっくりしました。

スポンサードリンク

チャボが木になっている・・・!! という感じでした笑
夕方に行ったので、チャボ的にはそろそろお休みムードだったのかもしれません。

日中は境内をうろうろしたり飛んだり自由な雰囲気でいます。なんだかなごみますね~。
酉年はすごく縁起がいい感じがしますね。

鳥が好きな方には特に良いと思います。
境内は緑が多く、歩いていてとても雰囲気が良いです。

 

谷保天満宮の御朱印 限定について

御朱印は、社務所で朝の9時から夕方16時50分まで受け付けています。
御朱印の初穂料は300円です。

谷保天満宮には広い梅園があります。
梅園の見晴しのよい場所では、天気が良いと富士山を拝むことができます。

梅が咲く2月には、梅まつりが行われます。
このような梅まつりやお正月といった特別の行事には期間限定の御朱印が頒布されます。

限定の御朱印は書置きのみになっていて、直接手持ちの御朱印には書き入れてもらえません。
ですが、この限定御朱印、とってもかわいい色鮮やかなにわとりや梅のスタンプが押されています。

スタンプの位置もなかなか凝っていてデザイン性があります。
お正月には巫女さんのスタンプが押されます。

書置きでも、お心遣いがあって嬉しくなります。

 

谷保天満宮の御朱印帳と種類

谷保天満宮のオリジナル御朱印帳には、谷保天満宮のご神紋である梅がデザインされています。
梅は菅原道真公にゆかりのあるシンボルで、菅原道真公を祀っている神社のご神紋はだいたい梅です。

水色とピンクのパステルカラーのグラデーションです。
梅が咲く頃の空を連想します。

このデザインが女性から評判で、この御朱印帳を求めて参拝に来る方も多いです。
こちらの御朱印帳の初穂料は1300円です。

 

スポンサードリンク